【クライアント目線】フリーランスより副業ワーカーに仕事を頼みたい3つの理由

スキマ時間しかない副業ワーカーがフリーランスの方たちに勝てるのですか?

ドラゴン先生
ドラゴン先生

勝てるよ!じゃあ、今回は限られた時間しかない副業ワーカーの戦い方を伝授しよう!

こんにちは、ドラゴン先生です!

たしかに、時間がたっぷりあるフリーランスとスキマ時間を捻出して仕事をしている副業ワーカーを比べるとフリーランスが有利だと思うよね。

でも、副業からはじめて本業の収入を超えていった人もたくさんいるんだ。つまり、副業には副業の戦い方があるってこと!

ぼくは、経営者として外注していることも多い。だから、今回はクライアントとしての目線でフリーランスよりも副業ワーカーに頼みたい理由を解説していくよ。

クライアントがフリーランスよりも副業ワーカーに頼みたい3つの理由

ぼくは、経営者としていろいろな方に仕事を発注しているんだ。だから、ぼくがフリーランスではなくてあえて副業ワーカーに仕事を頼みたい理由を3つにまとめたよ。

  • 安く依頼できる
  • 無理を聞いてくれる
  • 長く付き合える

副業ワーカーは安く依頼できる

副業ワーカーは本業との兼ね合いで、制限がある。例えば、連絡を返せる時間が限られているとかね。だから、安く受注してくれる人は多いんだ。

やっぱり、安く仕事をしてくれるのは、経営者としてはとっても魅力的だからね。あなたも、フリーランスの人と比べて時間や技術、作業量で勝てないって思うんだったら値段で勝負してみよう。

副業ワーカーは無理を聞いてくれる

副業をしている人は、会社を辞めて独立したいって思っている人が多いから、副業で稼ぐことに必死なんだよね。だから、+αでお願いしたいことが出て来たときに、快く引き受けてくれる人は多いよ。

やっぱり、コンテンツ制作を外注したらこだわりたい部分も出てくる。そのときに、ぼくの要望を快く引き受けてくれるのか、「修正は○○円です。」って淡泊に言われるのかを考えると、前者の方が好感がもてるし、長期的にお仕事を依頼したくなるんだ。

もちろん、使い倒してやろうなんて思ってないよ!つまり、一生懸命やってくれる人に頼みたいってこと。

副業ワーカーは長く付き合える

フリーランスは、副業ワーカーと比べて時間に余裕があるんだ。営業すれば案件を取れる人が独立してフリーランスになっているからね。

でも、副業ワーカーの人たちは営業できる時間も少ないから、案件を取ることに苦労している人が多いんだ。

つまり、副業ワーカーさんにお仕事を頼むことで、ぼくは安く発注できるし、相手も実績が増える。お互いwin-winの関係を築けるから長い付き合いになることが多いんだ。

それに、長く付き合えるってとても重要なんだ。新規で依頼をするよりも圧倒的に労力が少なくて済むからね。だから長く付き合えるのはとてもありがたいんだ。

ドラゴン先生
ドラゴン先生

実際にぼくの周りの人は、副業のときにお仕事をお願いして少しずつ本業にしていった人たちがほとんどだよ!

副業ワーカーの強みを活かして単価を上げる3ステップ

副業ワーカーの強みを活かすためにも、交渉術は知っておいた方がいい。そこで、案件獲得から単価を上げる交渉術を3つのステップでまとめたよ。

  1. 無料で案件を獲得
  2. アンカリングで安さをアピール
  3. 単価を上げる交渉術

最初は無料で受注しよう

副業ワーカーの強みは、無料でサービスを提供できることなんだ。本業の収入があるから無料で受注しても生活には困らないからね。

無料でサービスすることに抵抗があるかもしれない。だけど、案件獲得に苦労しているんだったら、ぜひやってみて。

下で単価を上げる方法も紹介するから、まずは実績を作りと割り切って無料で受注しよう!

無料期間が終わったらアンカリングで価格交渉をしよう

無料で提供する期間が終わったら、価格交渉をする必要がある。そのときに、提供するサービスの相場を伝えておくんだ。

例えば、こんな感じ。

「15分の動画編集なら相場はだいたい1本1万円くらいなんですが、1500円でどうですか?」

つまり、相場を伝えて相場よりも安く提案することで、継続依頼をもらいやすくするんだ。これをアンカリングっていうよ。

そう、単価はまだまだ安いよね。でも、相手との信頼関係を築いてリピートしてもらうためにこのステップがめちゃくちゃ大事なんだ。

みんなすぐに値段を上げたがるんだけど、長期的に考えたら、ぐっとこらえて安くした方が絶対に得。

そして、このステップが終わったらいよいよ単価を上げるステージに上がれるんだ。

信用がたまったら単価を上げる交渉をしよう

値段を上げる交渉って応じてくれるんですか?

ドラゴン先生
ドラゴン先生

誠意のある仕事をしていれば絶対に応じてくれるよ!説明するね。

値上げの交渉は、安く発注したいと考える経営者の目線とズレると思うかもしれないね。でも、単価を上げる交渉に応じてくれる理由はちゃんとあるんだ。

仕事を依頼するって実は結構面倒くさい。相手の人間性もあまり知らないからリスクがあるし、仕事内容や要望を1から説明しなくちゃいけなくなるからね。

だから、できるだけ継続してお仕事をしてほしいんだ。それに、誠意のある仕事をしてくれる人は、お金を払ってでも手放したくないって思うよ。

もちろん、交渉するときに理由なく単価をあげたいと言っても応じてくれない可能性がある。だから、理由もしっかりと伝えよう。

「今後さらにパフォーマンスを上げていきたいと考えています。でも、ぼくだけの仕事では厳しいので一部仕事は外注しようと思っているんです。その方には、報酬として○○ほどお支払いしようと考えているので、その分と連絡を取り合う分の報酬として値上げさせてください。」

このように、しっかりと理由を話せば相手は納得して単価をあげてくれるよ。

相手の状況も把握したうえで交渉しよう!
クライアントは、事業の売り上げを伸ばすためにあなたにお仕事を依頼しているんだ。だから、相手の売り上げが下がっているのに値上げを交渉しても継続してもらえないよ。

まとめ:副業ワーカーがフリーランスに勝つ方法は先に与えまくること!

副業ワーカーに頼みたい理由は下の3つだったね。

  • 安く依頼できる
  • 無理を聞いてくれる
  • 長く付き合える

そして、副業ワーカーの強みを活かした交渉術は3ステップ。

  1. 無料で案件を獲得
  2. アンカリングで安さをアピール
  3. 単価を上げる交渉術

とにかく、クライアントの目線に立って考えることを忘れないでほしい。自分の売り上げばかりを考えていては、相手との関係は築けないし、継続のお仕事ももらえない。

我慢をする時期もあると思う。でも、お金より信用を優先して積み重ねることでやっと自分の価値や価格をあげることができるようになるんだ。

ビジネスは、相手がいてこそ成り立つってことを忘れないでほしいな。

ドラゴン先生とLINEでつながりませんか?

ドラゴン先生の公式LINEでは、90分の超集客講座やお得なイベント情報、10分で学べるコーチング動画5本をすべて無料で受け取れちゃいます!!

他にもブログやYouTubeでは話せないドラゴン先生の裏側やYouTubeチャンネルビジネス小学校の更新情報もLINEで配信中!
さらに!人数限定でドラゴン先生に相談できるチャンスも!?

ドラゴン先生とLINEでつながる
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://is.gd/YXUvqH

ドラゴン先生

気になった方は、ぜひお友達登録してね~

 

【ビジネス小学校】フリーランスに勝つ副業マンの思考法

最後まで読んでくれてありがとう!このブログは動画でも復習することができるよ!

フリーランスに勝つ副業マンの思考法

コメント

タイトルとURLをコピーしました